精力剤の口コミまとめ

精力剤の口コミまとめはその名の通り、精力剤や媚薬の口コミを多数掲載しているページです。また口コミだけではなく本当にその精力剤や媚薬には効果効能があるのか?含まれてる成分や仕組みから調べています。。

年下にモテる男の特徴を6つピックアップ!

投稿日:

いくつになっても男だったら女性にモテたい!
しかし年を取れば段々女性から相手にされなくなってきます。

同世代の女性は…うん…。
必然的に対象が年下へと変わっていくものの、おっさんが相手にされるわけがありません。

「大人の色気?何それどうやって出すの?」

この記事では、年下にモテる男の特徴を紹介します。

年下にモテる男の特徴とは

年下にモテる男とはどのような人なのでしょうか?
モテる男の特徴をマネしていけば、自然と年下にモテる男に近づいていきます。

まずは年下にモテる男の特徴を確認しましょう。

話を聞くのが上手い

話を聞くのが上手い
女性は会話が好きな生き物です。
ですので相手が気持ち良く話をできるように心がけましょう。

話を聞くのが上手い人は、自然に相手が気持ち良く話せるようにリアクションをしています。
例えばアナタが話を聞いてもらっている時、「そうなんですか!すごーい!」「その後どうなったんですか?」などの相づちがあるだけでも気持ち良く話せますよね?

女性も同じでリアクションがあれば「この人とは楽しく話せる」と認識されて気を許しやすくなります。
ただし過激なリアクションは鬱陶しいだけですので、相手の反応を見極める必要があります。

また相手が話しているときに「そういえばこんなことがあった」と話題を変えるのは避けた方が良いでしょう。
言いたいことがあるのに最後まで言わせてもらえないのはモヤッとして気持ち悪いものです。

話し終わったと感じたら話題を切り替えても良いですが、そうでないなら最後まで話させてあげましょう。

自分の話を相手に聞いてもらおうとするのはその後でOKです。

人生経験が豊富

人生経験
先に生まれているため、必然的に経験や知識が豊富です。
人生経験が豊富であることは武器になります。

アナタも年上の人に対して「自分よりも知識が豊富で何でもできる」と言うイメージがあるはずです。
女性は甘えたり頼ったりしたいと思っていることが多く、年上の男としては欠かせない要因です。

自分ができないことをサラッとやってのける人は格好良いですし、「困ったときはこの人に頼れば大丈夫」と安心できるものです。
ただし「こんなこともできないの?」と小馬鹿にするのはやめましょう。

モテない男性の大半は、そのつもりはなくても相手を小馬鹿にしていることが多いです。
自分が優位に立ちたいあまりに、「僕すごいでしょアピール」をしすぎるんです。

いかに自分をアピールするのかではなく、どうすれば相手のためになるのかサポートする方向に活かしましょう。

また経験が豊富で何でもできるけど、ときどき抜けているところがあるときはギャップが生まれます。
意外性で相手を惹き付けることができ、母性本能を刺激することも可能です。

悪口を言わない

悪口を言わない
年下にモテる男性は人の悪口を言わない人が多いです。
悪口は聞いていて良い気分になるものではありません。

ましてや悪口を言ってプラスになることは一切ありませんので時間の無駄です。

悪口を言っている間はその人のことを考えているのと同じですよね。
自分の貴重な時間をその人に関することに使いたいですか?

年下の子が悪口を言っているのであれば一通り聞いてあげれば良いですが、自分が言うのは止めましょう。

悪口を言っていると「裏で自分も言われているかもしれない」と潜在意識として植え付けてしまいます。

また悪口を言っている人を否定するのも避けた方が良いです。
自分を否定されているように感じることもありますし、言いたいのであれば言わせておけば良いのです。

器が大きい

器が大きい
年下にモテる男性は器が大きい傾向があります。
ミスをしても怒らず、手助けしたりサポートしてくれるなど、寛容さと面倒見の良さを兼ね備えています。

人生経験の多さが影響しているのでしょうね。
小さな世界で生きている人ほど器が小さいです。

若い男性には特に多いですね。
人を貶して自分を優位に思わせようとします。

同世代にはない器の大きさを見せることで信頼感を与えられます。

器の大きさを見せる機会はあまりありませんが、他人のことを褒められる人は器が大きい人が多いですね。

サッと同性のことを褒めるのはなかなかできることではありません。
普通はどうしても短所が目につきますし、その中で長所を見つけるのは難しいことです。

しかし褒められるようになれば、ミスをしたときにも怒らずアドバイスや指示を出せるようになるはずです。

経済的に余裕がある

経済的余裕
年下にモテる男性は経済的に余裕がある人が多いです。
「お金がないから無理」と諦める必要はありません。

別にお金を沢山持っていなくても余裕を見せられれば良いだけですから。
支払うべきところでは額を気にせずスパッと支払うだけでOKです。

チマチマと1円単位で割り勘するのは同世代だけにしましょう。

自分が年上の人に支払いを求められるとどう思いますか?
「こいつ何でその年で金ないの?」と思いませんか?

女性の中には物をねだる人もいますが、全てを要望通りに買う必要はありません。
「誕生日プレゼントだから」「記念だから」など、明らかに買うべきタイミングがあるはずです。

そういうタイミングだけサッと購入してあげるようにしましょう。

しかしお金を持っているに越したことはありません。
自分の無駄な出費を減らし、貯めておきましょう。

お金に余裕があれば気持ちにも余裕が出来ます。

流行を知っている

流行
年齢差が大きくなるほどジェネレーションギャップが出てきます。
ジェネレーションギャップが大きくなるほど会話が噛み合いにくくなりますので、流行を知ることが大切です。

自分の知らないことを話されても面白くないですよね。
自分の世代で流行ったことを話すのは楽しいですが、相手が知らなければ退屈でしかありません。

ですので最近の流行を知る努力をしましょう。
もし知らなければ教えてもらえば良いだけです。

会話のネタとしても使えますし、知らないことを教えてもらうのは悪いことではありません。
自分で調べてもわからないことの方が多いですし、オススメを教えてもらいましょう。

年下にモテる男になるために気をつけたいこと

年下にモテる男の特徴はこれでわかりましたね。
では年下にモテる男になるために気をつけておきたいポイントをまとめます。

  1. 自分よりも相手を立てる
  2. 悪口を言わない
  3. 他人を褒める
  4. 無駄遣いを減らしてお金を貯める

基本的に自分のアピールをしすぎないことが大切です。
「俺すごいんだぜ」と言う自慢は誰も聞きたくありません。

キャバクラにでも行ってお金を払って聞いてもらいましょう。
気持ち良く話をさせるための対応を間近で見られます。

悪口を言わず、他人を褒めるようにすることも大切です。
これは年下関係なくモテます。

自分の周りの人を思い浮かべて見てください。
モテているのは悪口を言わずに他人を褒められる人ではありませんか?

他人を褒められる人は仕事でも成功している傾向があります。
結果的に経済的にも余裕ができることに繋がりますので、今からでも実行しましょう。

童顔はモテない

童顔
童顔の人はどうしても大人の男性の雰囲気を出しづらいです。
どれだけ年上の男性のように振る舞っても同世代、もしくは年下に見られてしまいがちです。

ですので無理に年上感を出そうとしない方が良いです。
頼りになる人ポジションを目指しましょう。

髭を生やしたりワイルドな服装をしても、同世代が背伸びしているようにしか見えません。

自分の考えを押し付けない

考えを押し付けられて退屈
人生経験が豊富な分、自分が正しいと思ったことを押し付けてしまうことがあります。
特に相手の考えを否定するようなことは避けましょう。

自分の否定されて気分の良い人はいません。

「無理だと思うけど頑張ってみて」のような一言も余計ですね。
親に言われてカチンときた経験がある人もいると思います。

考えを押し付けているつもりはなくても、相手は「押し付けられた」と感じることがありますので注意しましょう。

まとめ

年下にモテる男性の特徴について紹介しましたがどうでしたか?
モテる男性になるには、特徴をマネして自分のモノにするのが効率的です。

「そんなことをしてもモテるわけがない」と言う人はずっと変わらず否定ばかりしていれば良いでしょう。

否定するだけなら誰にでもできます。
行動をしなければ現状に変化はなく、モテる可能性なんてちっとも上がりません。

特徴をマネてマイナスになる要素はありませんし、やらないと言う選択肢を選ぶ理由は全くないのです。

年齢とともに老化で見た目は劣化していきますので、年下にモテるためには内面や行動で勝負しなければなりません。
尊敬される人を目指して行動を変えていきましょう。

 - NewFiles